キャッシングの審査は甘い、それとも厳しい?


キャッシングって何?

キャッシングというのは、ひとことで言うなら「借金」です。ATMや窓口などで、消費者金融等からお金を借りる。これをキャッシングと言うのです。銀行の発行しているキャッシュカードとは関係がないので、ご注意ください。キャッシングというのは、自分のものでないお金を誰かから借り受けることなんですね。

それもキャッシングと言った場合、それは小額の融資を意味することが多いです。たとえば1万円から2万円程度。多くても10万とか20万円くらい。この程度の借金をすることをキャッシングというのです。

今やキャッシングはクレジットカードにも付帯しているのが普通です。クレジットカードの機能は、買い物をするときに料金を後払いにできることですが、それとは別に「キャッシング枠」というのがついていることがあります。たとえば上限額が10万円であったなら、コンビニのATMなどで、最大10万円のお金をすぐにでも手に入れることができるのです。もちろん返済しなくてはなりませんが、お金を借りるという行為は、昔よりもずっと身近なものになったといってよいでしょう。

キャッシングの審査は甘い?

クレジットカードを作るときには、必ず審査がありますよね。本名や住所、年齢、職種、そして年収。そういった情報を相手方に伝え、審査してもらいます。それを受けた会社は、主に収入の面で、その会社の設定する「カード発行が可能なライン」をクリアしているかどうかを見るのです。もしその職業や年収に嘘がなく、カード発行が可能だと判断されれば、晴れてクレジットカード発行となりますが、キャッシングの場合もこれと同じような審査があるのです。

たとえばクレジットカードの発行申請をするとき、多くの場合、キャッシング枠をつけるか否か、あるいはその額をいくらにするかという項目があることでしょう。クレジットカードを作って、それでキャッシングを使いたいという場合、この申請のときにキャッシング枠を申し込み、これもあわせて審査してもらうのです。

たとえばショッピングとキャッシング、それぞれ10万円の枠を申請したとしましょう。クレジットカード会社は、その計20万円の枠をその人に与えてよいかどうかを検討します。可能だと判断できれば、申請通りに、ショッピングとキャッシングでそれぞれ10万円ずつ利用可能としてくれます。逆に収入の面でいくつか心配な点があると判断されると、ほとんどの場合、ショッピング枠のみ認められ、キャッシング枠はつかないということになります。

カード会社に申請した場合は、このようにショッピング枠が優先されるため、どちらかといえばキャッシングの審査は厳しいといえるかもしれません。しかし私がアルバイトで食っていたときにカードを申請した際は、年収が150万円くらいでも最大30万円のキャッシング枠をつけてもらえたので、ある会社にアルバイトでもいいので長期間勤めつづけていれば、審査には問題なく通ると思われます。

それではアコムやアイフルなどといった消費者金融はどうかというと、こちらの審査はもっとゆるいです。クレジットカードとは違い、ショッピング枠をつける必要がありませんからね。フリーターでも最大100万円くらいなら、貸し付けてもらえる可能性があります。

ただしこちらもクレジットカードと同じように、その人の収入によって上限額を決めることが多いです。たとえばこの人は収入が100万円くらいしかないから、最大20万円くらいにしておこう、といったようにですね。実際の審査はこんないい加減なものではありませんけれども、収入に応じて枠が決定されることに変わりはないです。

もしその消費者金融の用意しているプランが、いちばん小さなものでも「最大30万円」で、10万円や20万円といった審査に通りやすそうな小額のプランがなかったとしても、とりあえず申請すればそのへんのことについて相談に乗ってもらえることは多いです。まずは問い合わせてみるのがいいかもしれませんね。

Read More